3Dプリンタを使ってサイコロを出力してみた。

工作のお供として「3Dプリンタかミリングマシンが欲しいなぁ」なんて思っていた矢先、身近な人がbonsai labのBS01という3Dプリンタを購入しました。

身近な人とは私の父なんですが、「お、買いそうだな」なんて雰囲気を出したら、すぐさま講習会的なものに参加し、サクッと購入していました。

そうなれば、試しに使わわせていただこうということで、先ずは簡単なものから作ってみることにしました。

先ずはCADソフトです。

下調べでは「123D design」というアプリがフリーかつ非常に使いやすいという話を聞いていました。Windows用、Mac用とリリースされており申し分ない感じです。

インストールしてWebの情報漁りながら、2cm角のサイコロを作ってみました。

2cm角のサイコロです!

2cm角のサイコロです!

ざっくり簡単に説明すると、2cm角の立方体を作り、半球の目の穴を掘り、転がりやすくするために角を落として作成しました。初めての作成物になりますが、複雑な形状ではなかったので、1時間程度で描く事ができました。

そして、3Dプリンタ用にファイルを出力して出力!

サイコロ完成!

サイコロ完成!

ハイ。出来ました!(途中はバッサリ割愛です)

3Dプリンタ出力の特徴

3Dプリンタ出力の特徴

3Dプリンタは熱で溶かした樹脂をノズルから押し出し、ひも状になったものを積み上げて造形していきます。そのため、表面はそのひも状の樹脂痕が目立ちます。また、0.4mmのノズルから樹脂が出ていますので、それ以上の解像度にならない事も理解しておく必要が有りそうです。
※サイコロの目の穴は図面ではエッジがシャープですが、実際の出力ではそうはならない。

サイズには若干の誤差が出る。

サイズには若干の誤差が出る。

それも考慮して作る必要あり。

それも考慮して作る必要あり。

また、溶かした樹脂をノズルから出しつつ、ヘッドをX軸、Y軸に動かしていますし、温めて溶かした樹脂が冷えると縮む事から、その収縮により誤差も出ることは承知しておかなければなりません。

今回はPLAという材質のフィラメントを使用しており、収縮についてはそれほどではないそうですが、ABSだと若干収縮が強いようです。

今回は、3D CADソフトに慣れることと、実際の出力具合を体験するため、とりあえずシンプルなサイコロ作成(立方体の出力)を実施してみました。次回はもう少し複雑な形状をCADで描けるようにし、最終目標として、

「3Dプリンタでルアーを作り、そのルアーで魚を釣る」

ことに挑戦してみたいと思います。

3D CADでの造形が大変なんだよなぁ…

カテゴリー: ガジェット タグ: パーマリンク

3Dプリンタを使ってサイコロを出力してみた。 への1件のフィードバック

  1. 小林 大三 のコメント:

    突然の御連絡大変失礼致します。
    ビトム株式会社の小林と申します。

    弊社は、スライス設定を自動化し、スタンドアロンでの3Dプリンタ操作を可能にする3Dプリンタオープンクラウドプラットフォーム「Fabbop」を開発しているベンチャー企業です。

    Fabbop Castという小さな箱(キット)を3DプリンタにUSBで繋いでIoT化し、弊社のウェブプラットフォーム上から1クリックで出力を可能にするシステムです。また、クリエーターやDIYなど、ものづくりをする方々とのコラボレーションにより、3Dプリンタを使ったものづくり体験などをウェブ上に集めていき、3Dプリンタの「使いやすさと」「使い方を発信する」ことを実現するプラットフォームになることを目指しています。

    今、クローズドβとして、ユーザーテストを行っております。ブログで、BS01を使われているのを拝見して、御連絡いたしました。もし宜しければ、弊社のFabbop Castを御提供いたしますので、テストユーザーに御興味ありませんでしょうか?

    実は、弊社のプラットフォーム内でも、3Dプリンタでオリジナルルアーを作って、釣りしてみよう企画を打ち出そうと色々と取り組みを開始しているところです。ブログでルアーを作られているのを拝見し、「まさに!」と思い御連絡させて頂きました。

    御検討頂ければ幸いです。
    ご質問などございましたらお気軽に御連絡下さい。

    突然の御連絡、大変恐縮でございますが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です