イヤホンのケーブルよさらば!SONY WF-1000Xを購入

久々のガジェットネタですよ〜!(笑)

自宅外で音楽聴く時って、ちょっと前までiPod等の専用機を使っていたと思いますが、私はXperiaになってから、自宅内外問わず殆どスマートフォンで聴くようになっちゃいました。Google Play Musicを契約したというのが大きいですが。

さらに、Xperia XZはノイズキャンセリング機能対応イヤホンを使用するとノイズキャンセルが使えるようになるので、MDR-NWNC33を接続してノイズキャンセル機能を使い、ノイズが大きいたまの電車通勤中や会社の昼休み中に音楽を聞いています。
※会社はランニング中の機器のFAN音が結構五月蝿い。

しかし、ノイズキャンセル機能対応のイヤホンであるMDR-NWNC33はu字ケーブル仕様(左側のケーブルが短く、右側のケーブルが長い)で、首回りが鬱陶しいのと首を動かすと襟にケーブルが引っ掛って耳からイヤホンが抜けたりと色々ストレスが多く、なんとかしたいなと思いながら使っていました。

Y字ケーブル仕様のMDR-NC750を買おうかな、どうしようかな…なんて悩んでいたのですが、ケーブルの取り回しだけの違い(それだけではないですが)に約1万円、そして専用の機器じゃないと意味がないなど、悩むことがいっぱい…

で、色々考えているうちに

  • ワイヤレス
  • ノイズキャンセル付き

のSONY WF-1000Xに行き着き、ブラックの方を買いました。

早速開封です。スリーブ状の化粧箱からスモークのプラスチックカバーがされた中箱が出てきます。

スモークのプラスチックカバーを外すと靴屋っぽい匂いが。上から、イヤホン本体、ケース、イヤーピースと並んでいます。

ケースを取り出し、イヤホン本体をセットしてみました。ケースの外装はアルミ製でサラサラした感じが私の肌に合いません。このままだと肌が乾燥する冬場は落下させる事故が発生する事が予想されます。そして残念な事に、蓋を開けるとバランスが悪く、ころっと倒れてしまいます。

イヤホン本体はこんな感じです。物理的なボタンが左右に1個付いていて、左側のボタンがノイズキャンセル機能の選択、右側のボタンが曲の停止・先送り等の機能のボタンとなっています。

少し使ってみた感想ですが、ケーブルが無いって物凄く良いですね。視聴は過去に軽くしてましたが、改めて自宅で聞いてみましたが素直な感じで好みの音です。

ノイズキャンセルの能力は上級機種の方が圧倒的に上だと思いますが、ヘッドホンになってしまったり、首掛け式のケーブル付きだったりと、軽快さ・手軽さは圧倒的にWF-1000Xの方が上かなと。

細かいところで色々気になる点はありますが、総合的に見ると良い買い物したかなと思います。

カテゴリー: ガジェット タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です