水感知式(自動膨張式)ライフジャケットのボンベ交換

過去の投稿の通り、私は肩掛け式の水感知式(自動膨張式)ライフジャケットを所有しています。このタイプのライフジャケットは、いわゆる浮き輪を膨らませるためのボンベと水を感知するセンサー等を定期的に交換する必要があります。

交換に必要なものが一式揃っているのが上の写真の交換用キット。左の金属タンクが浮き輪を膨らませる炭酸ガスボンベで、右の黒い方が水を感知するセンサー、右上の緑色のがロックピンとなっています。

ボンベとセンサーのキットはモデルにより異なるので、それぞれ合うのを買う必要があります。私のは写真のA-KITという奴が適合品です。本体の右手側の本体内にボンベとセンサーが付いてます。

センサーの側面に交換期限が書かれています。その時期をすぎているので交換です。一度膨らませてから交換しようかと思いましたが、綺麗に収納できないだろうなと思ったので、何もせずパッケージの説明通りに交換を済ませます。

なお、幸運にも落水等がなく使っていない状態(黒のセンサーが水に浸かって作動させてたり、レバーを引いて作動させていない)であれば、炭酸ガスのボンベには穴があかず未使用状態になります。そのまま継続して炭酸ガスのボンベは使えそうな気はしますが、命を守る装備なのでけち臭いこと言わずにキットに付いている全てのパーツを新品にした方が良いですね。

次の交換期限は2021年10月です。いざという時の装備なので、未使用で期限を迎えることを願っています。

カテゴリー: 釣り タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です