Wii UゲームパッドのLスティックが故障したので交換しました

一昨日、子供とWii Uでゲームをしていたところ、ゲームパッドのLスティックがほんの少しだけ右に入ってしまう事象が頻繁に起こるようになりました。ゲーム中にカーソルやキャラが勝手に右に動いてしまうので予期せぬ事が起こり鬱陶しい。

ゲームパッドを分解して、プッシュボタン付きスティックの部品を調べて購入し、半田を外して交換すれば治るのはわかっているのですが、調べたり部品の手配したりとかものすごく面倒。ちょっと調べたらAmazonで基板ごと交換できるAssy部品を売っている業者がある事が判明したので、こちらで購入する事にしました。

購入した部品は、

【SIMPS】高品質 WiiU 修理セット ゲームパッド 修理交換用 部品 スティック コントロール基板左右セット (Lスティック・Rスティック)& 修理専用Y字ドライバーセット 「SIMPSオリジナル保証書付き」

というもの。本体を開けるY字ドライバーと部品の価格、そしてそれらの送料等を考えると、それぞれを個別に買うのとそれほど大きな差はないのではないかと考えました。

なお、注文して中1日で部品が届きました。届いた部品の抵抗値とかをテスターで確認してみましたが問題なく普通に動きそうですので、早速ゲームパッドに組み込みます。
※念のため書いておきますが、この手の作業は自己責任で!

手順は

  1. 電池外す
  2. ケースのネジ外す(Y字ネジ、10箇所)
  3. L/Rスティックがついているカバー外す
  4. スティック基板交換
  5. 分解した逆順で組み立て

という感じです。分解方法については詳しくは書きませんが、それほど難しい作業はありませんでした。分解時にゲームパッドを裏返して作業するので、L/Rスティックが作業台に接触しないように、漫画の単行本を敷いておくなどの配慮が必要な事と、電源ケーブルが背面パネルから前面パネルに繋がっているので、背面パネルを外す時に勢いよく開けない事位でしょうか。

交換した部品の写真です。左が新品で右がオリジナル。L/Rスティック共に交換しました。交換後に異常は解消され問題なく動作しています。

プッシュボタン付きスティック部品を2個買って、外したオリジナル基板を修理しておけば次の交換部品になりますね。

カテゴリー: ガジェット タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください