ルアー「ima koume ∞ 20」のチューニングをしてみた。

先日のシーバスやカマス(?)を釣っている、私の手持ちの中で一番のヒットルアー「ima koume ∞ 20」ですが、使っていて一つ残念な点が。

「残念な点が」と書くとdisっている様に見えますが、小型の割にはよく飛ぶし、巻いてくるときのプルプル感はいいし、すごく気に入っていてこればっか投げていたりもします。だけど、この点だけが唯一解消されればなという気持ちで、チューニングを施してみました。

ちなみに、チューニングを施しただけで実釣には行ってませんので、このチューニングの結果は後日アップしたいと思います。

このルアー、使ったことがある人は何度か遭遇していると思いますが、フックにラインが絡む「エビ反り」等のトラブル以外に、以下の写真の様になって帰ってくることがあるかと思います。

フックの先端がボディに…

フックの先端がボディに…

リトリーブの振動の伝わりが若干変なので、巻いてくるときにうすうす気づくのですが、ルアーを回収するとフックの先端がボディに引っかかってるこの状態、フックの先端にダメージを与えそうだし、バイト時のフッキングにも影響するのではないかと。これが解消されるとストレスフリーな最高のルアーになると個人的には勝手に思っています。

そこで、よーくこの状態を観察してみると、フックのアイ部分とボディがほぼ接触するような状態の時に、フック先端がボデイに引っかかることがわかります。

フックのアイとボディがほぼ接触している状態

フックのアイとボディがほぼ接触している状態

この状態にならなければ、物理的に引っかかることはなくなるのではないかと思いました。

手持ちの材料でこの状態を解消できそうなものは…

ありました。みつけました。

ウキ釣りの浮きを止めるゴム管です。

一度フックを外し、2mm程度の長さに切ったゴム管をフックの軸に通し、フックを元通りに戻します。そして、ゴム管をフックのアイの部分までずらし、瞬間接着剤で固定します。

ゴム管の位置は、フックの動きを邪魔しない様に調整

ゴム管を付けてみました

ゴム管にも色々種類があるので、用意したものに合わせて微調整が必要だと思いますが、私が持っていたゴム管での装着位置は、フックの動きを邪魔しない程度のギリギリまで、ルアー本体近くまで寄せる必要がありました。

そして、ゴム管をつけたフックは…

フックが動く範囲を制限

フックが動く範囲を制限

フックの可動範囲が狭まるので、フック先端がボディに引っかかる事を回避出来ています。あくまでも自宅での実験においてですが。

他のトラブルが増えるかもしれませんが、注目している問題は多分回避できるはずです。今度実釣で試して確認したいと思います。

チューニングがうまくいくといいな~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください