Nexus Oneを箱に仕舞いました。

2010年7月に入手して使用していたNexus Oneですが、遂に箱にしまってしまいました。

理由は簡単です。

日本国内ではキャリアと端末メーカの癒着(あえて癒着と書きます)が強過ぎ、他所から入ってきた端末には容赦なく法外な料金を請求するという、

「携帯端末鎖国」

といっても過言ではない状況が変化しなかった事。そして会社からiPhoneが支給されてしまったから。

まず、携帯端末鎖国。Android端末も一部端末を除きガラパゴス化。日本独自機能てんこ盛り。ガラケーがAndroid化しただけじゃん。いや、ガラケーにAndroid OSを載せただけか。

SIMフリーの話も「金を払わなきゃやらない」なんて言いだす始末。しかも、SIMだけ販売は「テザリングが無いのを確認した場合のみ、キャリア販売とパケット代が同じになります」ですって。意味わからん。

ぶっちゃけ、海外から端末を持って帰ってくると

「使わせてやるから、倍額払いな」

という感じです。まあ、MVNOを使えば良いんでしょうけど。

そして、iPhone。使うとAndoridとの差がハッキリ。さすが完全垂直統合型。財布やテレビが無くても売れるのは使えば納得、持って納得。Androidと比べると機能面で色々と足りない部分があるけど、Androidはある部分が圧倒的に足りない。そう、「所有する満足度」が圧倒的に足りない。

ケース等の小物も含めてiPhoneは所有者の自己満足が満たせるのではないかと。アプリ含め値段が高いのが気になるけど。

S社の電波の悪さなんてひっくり返せる魅力はあると感じます。

そんなこんなで、国内SIMフリー生活を続けてきましたが、2台のスマフォを持つのもアレなので、Nexus Oneを箱に仕舞う事にしました。

Androidのメジャーアップデートとかが無い限り、もう箱から出さないと思われます…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください