iOSのメールとGmailの組み合わせ。削除に関する詳細セッティング。

iPhone5が来まして、本格的にiOS環境への移行を進めているのですが、そのなかである事に気がつきましたので備忘録的な意味合いでBlogに残しておこうと思います。

そのある事ですが…

「iOSのメール上で”削除”をしても、メールは削除されずに”すべてのメール”に保管されるだけ」

というものです。

昨今省エネだのECOだの流行っていますので、ニュースメールや日々の株価情報等、見返しても意味の無さそうなメールはバンバン削除した方が良さそうと思いiOS上で削除していたのですが、Web版のGmailで確認すると削除した筈のメールが残っていた事から、この事実(問題?)が発覚しました。

色々と調べたところ、意外な所で設定が行える事が判りました。

まず、デフォルトのセッティングでは…

 赤枠のメールを削除してみます。

 ゴミ箱ボタンでメールを削除します。

 Web版のGmailで確認すると、「受信トレイ」の中から消えますが、「すべてのメール」の中に残ってしまいます。完全な削除が出来ていません。

これがデフォルトで起こる現象だと思います。これを解消する為に、ある場所にiOSのWebブラウザからアクセスします。

http://m.google.com/sync

言語を「English(US)」に切替えるとデバイスのリストが出てきます。

 目的のデバイスをタップします。どれが該当かは、Syncのタイムスタンプで判断します。

 開くと詳細設定の項目が出てきます。赤枠で囲んだ部分にチェックを入れると、削除が出来る様になります。

 試してみます。TEST2というサブジェクトになっています。

 Web版Gmailで確認します。ご覧の通りゴミ箱にメールは移動されています。

大雑把に書きましたが、これでiOS純正のメールアプリの削除とGmailの削除機能がマッチしていない問題は解消されました。

iOS用Gmailアプリを使うのが、一番手っ取り早いかもしれませんが…。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください