自宅Wi-Fiアクセスポイントの機器交換

ここ最近、自宅のWi-Fiを担っているAirMac Time Capsuleの調子が悪く、頻繁に通信が途絶える状況となり家族からもクレームが入るようになってきました。

本日の午前中は健康診断で都会に出向く予定があり、その後は有給休暇を頂いてお休みでしたので、ついでに交換用の機器を物色しに行ってきました。

現状、ルーターに接続しているAirMac Time CapsuleのWi-FiをBUFFALOの中継器でエリアを広げているので、どう入れ替えてやろうかと悩んでいたところにtp-linkのdeco M3の箱の山が。

「親機1台、子機1台のメッシュWi-Fiのセットが約1万円で買えるなんて!」

ということで、深く考えずに即買いしてきました。

箱の中はこんな感じ。

そして設置。AirMac Time Capsuleより細身ですが、若干高さが高いです。

Androidスマートフォンにtp-linkの設定アプリを入れて設定を行います。

Wi-Fiのチャンネル設定等の細かい事は出来ませんので、色々やりたい人には向かないかもしれません。アプリの指示通りに進めていけばほぼ自動で構築してくれるので(SSIDは決める必要がありますが)、初心者&動けば良い人には優しい作りで好感が持てます。

とりあえず、AirMac Time CapsuleのWi-Fiを止めて有線接続のNASっぽく動かしてTime Capsuleの機能を残しながら、Wi-Fiアクセスポイントの機器入れ替えが無事完了しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください