トリシティのバッテリー交換をしました

気温が5℃を下回るような寒い朝になると、私の通勤快速号(トリシティ)のセルの勢いが弱く、エンジンがやっと始動できる状態でしたので、バッテリーの交換を行いました。

昨年も極端に寒い朝は怪しい感じでしたので、本格的にダメになる前に交換しておいた方が無難かなと。

トリシティの取説を見ると、バッテリーの型式は「YTZ7V」と記載されており、Webでざっと価格を調査するとGSユアサの奴で14,000〜18,000円位。意外と高いなと思いつつ互換バッテリーを探したところ、あまりいい感じのが出てきません。GSユアサ品も在庫が無い店舗が多いし。

色々調べている中でGSユアサのWebページに辿り着き、寸法とか端子形状が掲載されている表を発見。内容を確認したところYTZ7Vの上にYTZ7Sという型式のバッテリーが掲載されており、高さと重量以外のサイズと電気的スペックは一緒の物を発見。

これはおいしい情報です。電気的スペックが一緒で高さ違いなら「バッテリーの下に下駄履かせればOKじゃん」って事で、早速YTZ7Sで探してみたところ、値段は10,000〜12,000円位で在庫も有る店が多いです。速攻でポチりました。下駄は適当な木片を探してみたが丁度良いのがなかったので3Dプリンタで作成です。


新旧バッテリーの差はこんな感じです。
スペック表で15mmの差があります。プラスとマイナスの端子方向と形状は一緒なので、バッテリーの下に下駄履かせればという感じです。

3Dプリンタで15mm分の下駄を出力。

左が旧バッテリー、右が新バッテリー。
バッテリーを固定するバンドの位置がもう少し下にあれば、バッテリー下の下駄は要らないかなという感じです。

バッテリー交換後は始動性も上がったので、寒い冬も問題なく乗り切れるかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください