12月 21

Android端末購入当初から、いくつかのアプリケーションがプリインストールされている場合があります。使用しないアプリでも、場合によっては数MB〜数十MBのものが本体メモリに保存されたままになり、容量を圧迫しているなんて事態も起こります。

私はtwitterアプリがそれに当たります。プリインストールされているTwitter for Androidは、別のtwitterアプリを使用していますので、全く使用していません。しかも容量は大きめ。

さらに酷い事に、標準の環境ではプリインストールアプリはファイルのアクセス権がRead onlyに設定されており、簡単にはアンインストール出来ません。

そこで、root権限(shell rootでもOK)が必須なんですが、このような削除出来ないプリインストールアプリを、アンインストールする方法があります。

ここで注意しなければならないのは、Android Market等で手に入らないアプリは「消さない」事。二度と戻らない事はないんでしょうけど、いろいろ厳しい事になることが想定できますので「バックアップ」するなりの適切な処置を講じてから実施した方がよいと感じます。

必要なのものは

  1. Android SDK。要するに開発環境。これはAndroid Developersサイトで入手出来ます。インストール方法とかはここでは割愛します。
  2. root権限取得。私は完全なroot化が出来てないので、Super One Clickでshell rootだけを取って実施。
  3. アストロファイルマネージャ。重たいアプリですが、後述のパッケージ名を取得する時に便利。

ます、対象ファイル・フォルダのアクセス権を読み書き可能(777)にします。(ここでroot権限が必要)

adb shell mount -o remount,rw /dev/block/mtdblock3 /system

adb shell chmod 777 /system/app/Twitter.apk

つづいてアプリを削除

adb shell busybox rm /system/app/Twitter.apk

adb uninstall com.twitter.android

adb shell sync

これで上手くいきました。一部の噂では.apkファイルと同名の.odexファイルを消すだけで問題ないとの話もありますが…

詳しい方、教えてください。

2 Responses to “Android プリインストールアプリ削除方法(要root)”

  1. [...] 過去に当ブログで投稿した「Androidプリインストールアプリ削除方法(要root)」が、凄い勢いで参照されていました。 [...]

  2. [...] 以前紹介したプリンストールアプリの削除方法ですが、Android 4.0(ICS)でも通用しました。 [...]

Leave a Reply

preload preload preload