iOS7になって、こんな細かいところも変わったんだ!

iOS6からiOS7になって、デザインやら機能が色々と変化したと思います。

先ほど、何気なくホーム画面を見ていたときに、iOS7になって「こんな細かいところも変わったんだ!」という、概出かもしれませんが、新しい発見があったので記載しておきます。

iOSのカレンダーアイコンは、その日を表示する事で有名かと思います。同じように時計アイコンもiOS7になって「今の時間」を表すように変化しています。

iOS6では

赤枠の中の時計アイコンは10時15分を示したまま動かず、画面上部の時計は2時00分となっており、全く同期していない状態。

そしてiOS7では

iOS7clock-2

赤枠の中の時計は2時55分26秒を示しています。画面上部の時計は2時55分となっています。これはiOS7へのアップデート直後のスクリーンショットです。

そして、先ほど撮ったスクリーンショットでは

iOS7clock-3

赤枠の中の時計は7時25分4秒を示しています。画面上部の時計は7時25分となっています。アップデート直後のスクリーンショットと比べても、ちゃんと動いている事が分かります。

すごく小さな変化ですが、今回のアップデートではこんなところも改良されているのかと感心しました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください