iOS7になって便利になった機能 – iTunes Cardコードがカメラで…

以前、Macに付いているカメラでiTunesカードのアクティベーションが出来る記事を書きました。

iTunesカードを購入した事がある方は知っていると思いますが、あの16桁もある長い英数字を打ち込むのは面倒だったと思われます。しかし、新しいiTunesからはMacに付いているカメラで、iTunesカードのコードを写して文字認識でコードを認識してくれるため、その労力が一気に楽になったという内容でした。

iTunes Card

iTunes Card

そんな楽チンな便利機能が、ついにiOS7でも可能になりました。

今まではiTunesカードの裏面にある、16桁のコード(銀のラベルの下にある)をポチポチ入力しなければなりませんでした。

銀のラベルの下に16桁のコード

銀のラベルの下に16桁のコード

入力を間違えたりする可能性があり、非常に面倒でした。

しかし、iOS7からは、そんなイライラから解消されます。

iTunes Store Appを起動し、

iOS7(iPhone)のiTunes Store

iOS7(iPhone)のiTunes Store

画面の一番下までスクロールします。

すると、「iTunes Card/コードを使う」ボタンが現れるのでタップします。

iTuens Card/コードを使うをタップ

iTuens Card/コードを使うをタップ

iTuens Storeにサインインという事で、Apple IDのパスワードを求められます。

iPhone 5sだと、ココが指紋認証でクリアできるのかしら?

アカウントにログイン

アカウントにログイン

無事認証が完了すると、今までになかった画面が出てきます。

「ギフトカードのコードをカメラで読み取ってください」と出てきます。

「カメラで読み取る」をタップ

「カメラで読み取る」をタップ

「カメラで読み取る」をタップします。

今まで通りキーボードで入れたい方は、その下の「コードはキーボード…」をタップしてください。

カードをスキャン出来る状態になるので、iTunesカードのコード部分を写します。

コードをスキャン!

コードをスキャン!

正しく読み取れると、コードを読み取っている枠が緑色になります。

「コードの引換に成功しました」という画面が出れば完了です。

正しくコードが読み取られた

正しくコードが読み取られた

今回5,000円のカードを読み込んだので、クレジット残高が5,000円分増えました。

クレジット残高が増えました

クレジット残高が増えました

MacのiTunesと同様にカメラでコードの読み込みが出来るようになった事により、出先でも躊躇せずiTunesカードを購入してアクティベーション出来るようになりましたね。

カテゴリー: ガジェット タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください