MacBook ProをUSキーボードにした理由

先月購入したMacBook Pro(MBP)ですが、先日の投稿のとおりUS キーボードにカスタマイズして購入しています。

MacのキーボードはJISとUS キーボードでキー配置が異なり、USキーボードの方がホームポジションのセンターが中心に近いからです。

実機もしくは写真をみるとわかりやすいのですが、JISキーボードとUSキーボードではキー半分ほどキーのポジションがズレています。

IMG_0879

上がUSで下がJIS

一番上段のファンクションキーと、二段目の数字キーとで比べるとよくわかるかと思います。JISキーボードはUS キーボードに比べて、英数字キーが左寄りに配置されています。

つまり、ノート型の様にキーボードと画面の位置が固定されてしまっている機器ですと、JISキーボードは画面の左寄りに手を置くことになります。タッチパットの位置は機器の中心ですので、右手が乗りやすい位置になってしまいます。

これが今回MBPをUSキーボードにカスタマイズして購入した理由になります。デスクトップでキーボードが分離できればこの問題はないのですが…

記号のキー配置が違いますので若干混乱していますが、だいぶ使い分けができるようになってきています。会社でもAppleのJISキーボードを使っていますが、自宅と会社での記号のキー配置混乱をさけるために、USキーボードを追加で購入しました。

USB接続のUSキーボード

USB接続のUSキーボード

これで会社と自宅でのキー配列違いで混乱することはないかと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください