ボートでのシーバス釣りに行ってきました。

昨日(10月4日)に、会社の釣り仲間(NO氏、RK氏、YN氏)と4人で、前回中止になったボートシーバスのリベンジ戦に行ってきました。

ボートでのシーバスは今回で三回目です。私は今までノーフィッシュが続いていたので、今回駄目だったら二度とボートシーバスをやらない気持ちで挑んできました。

今回も前回同様に東神奈川のD-marinaさんより出撃。天気は曇りで日の出のタイミングが分かり難い感じの空です。
そんな中、船長のNO氏は「今回は皆に釣らせないと」ということで、めっちゃ気合が入っています。

先ずは、鶴見つばさ橋をくぐり湾奥(運河部)から出てみると風が…ボート上で立てる位のうねりですが、出てすぐのところで釣り開始。

しかし、風の強さから釣りにならなそうと判断しすぐに内部へ。

湾奥のストラクチャー周辺狙いに切り替え穴撃ちしていると、ルアーを追っかけてガンガンストラクチャーから出てきますが、中々ヒットさせることができません。そしてヒットさせてもバラすというヘタレぶり。

そんな中、ローリングベイトに切り替え数投で、元気な奴が私のルアーめがけて海底の方からドカンと。でっかい口開けてルアーを飲み込むバイトシーンを目の当たりにしてちょっと焦りましたが、丁寧にやりとりして無事キャッチ。

幸先良く釣り上げてボウズが回避できたので、この後は安心して釣りができます(笑)

43cm

43cmの元気な奴

場所を移動しつつ丁寧に攻めるも、ストラクチャーから魚は出せるものの、ルアーまたはボートの存在を見切られ、中々乗せることができずに時間が過ぎます。

浅瀬と深場、ストラクチャーが混ざるエリアで、鉄板系バイブを投げ巻いてくると、強烈な重みが。しかし、掛かった場所が悪くストラクチャーに巻いてしまうような場所。そっちに行かせまいと気合で頑張ったのですが、バス用MHロッド+ベイトリールでも魚の向きを変えることができず、魚、ストラクチャー、船でラインがくの字に。ラインがストラクチャーに擦れる嫌な感じが手元に伝わります。

ラインが切れる前に魚の向きが変わったのですが、ラインが送り出せなかったことから豪快にエラ洗いされフックオフ。見えた魚体はめっちゃ大きかった…

その後も何回か乗せるもバラすの繰り返しで、タイムアップ。

私の釣果は5バラシ1キャッチ、RK氏は5キャッチ、YN氏は2キャッチ、船長のNO氏はノーフィッシュとう結果に。

ちなみに、YN氏はボートシーバス初参戦で…

立派なスズキさん

立派なスズキさん

ドーン。立派なスズキさん。ナイスフィッシュです。

船長は操船が忙しくて釣りにならなかったのが申し訳ないですが、ものすごく楽しめました。

■ルアー
タックルハウス ローリングベイト77 イワシ

■タイドグラフ
IMG_1355

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください