亀山湖バスフィッシング – 2019/06/16

本日、RK氏と一緒にいつもの亀山湖に行ってきました。昨日の大雨と強風予報でどうなるか心配しながらの釣行です。

朝の時点でボート屋周辺の濁りは少な目。風はちょっと強いですが、スカッと晴れてる状態でスタート。

誰が言ったか知らんですが「風が吹いたらスピナベ」というのが頭をよぎったのと、風が強いとボートを止めたりゆっくり流したりが難しく、キャストミスも増えそうな予感から少しくらいブッシュに打ち込んでも戻ってくるという理由からスピナベを中心に投げまくり。

川に入って流れ込みを中心に投げるという作戦で、見事開始21分の5:21にバスをキャッチ。少々小柄な奴でしたが、令和初バスです。

次に入ったインレットで、RK氏もバスをキャッチ。惜しくも40cmに届かないサイズ。そして次々インレットを打っていきますが、上流に行くほど水温が下がっていくので、川を下る事に。しかし、あらゆる方向から風が強く吹くので風の吹き具合が穏やかなボート屋の島周りを流す。

倒れた竹が多いエリアで竹に絡めながらスピナベを通し、沈んだ竹に接触した直後にバイト。こちらは朝一のより若干大きくなり28cm。(9:19)

テンポよく投げられるし、根掛かり等のストレスもない上に釣れるので「スピナベ最高!」って感じです。その後、別の場所でもチェイスがありましたが、距離が近すぎてフッキングに持ち込めず…

午後になって、ちょっと違う釣りということでクランクベイトを使った釣りに。RK氏が2本追加でキャッチし、私も1本追加でキャッチ。これが今日の私の最大サイズ31cm。(15:39)

風が強かった事もあり30分ほど早くに上がり、本日の釣りは終了。前回のリベンジが出来て良かったと思います。

 

カテゴリー: 釣り タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください