トリシティのリアタイヤ交換に行ってきました

コロナ禍で外出自粛要請等が発表されたりと重っ苦しい雰囲気ですが、通勤の足として使用しているトリシティのリアタイヤの減りが激しく、スリップサインを通り越して溝すら無くなってしまうような限界状態でしたのでタイヤ交換に行ってきました。

前回のタイヤ交換は2018年3月。約1.1万キロ走行しての交換です。

初代トリシティのタイヤサイズは前後輪共に一般的ではないサイズのため、いきなり店に行っても在庫がない場合の方が多いです。なので朝一番でショップに電話で確認。折り返しの電話で在庫があるという驚きの情報が。「今日作業できるよ」という話だったので早速ショップへGO!

尚、取り付けるタイヤは前回と同じIRCのMOBICITY SCT-001です。

ショップでタイヤ交換の手続きを済ませてバイクを預け、付近を散歩中にショップから電話が。嫌な感じがしたので恐る恐る出てみると、「エンジンオイルも交換した方が良いのでは?」というお知らせが。タイヤ専門店でオイル交換したら高いんじゃないかと思っていましたけど、値段聞いたらそれほどでもなかったのでついでにお願いしちゃいました。あぁ、家にストックしてあるオイルが減らねぇ…

暖かくなったら自力で交換しようと思ってた矢先にオススメされちゃ断れません。
※廃油の処理の手間とか考えるとねぇ

ということで、やらなきゃ、やらなきゃと思っていた2大メンテナンスが無事終わりました。ショップで数点の小問題が指摘されたので、それらは部品取り寄せて自力で直すこととします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください