Android: 音楽ファイルをMacのiTunesで管理してAndroidで利用する

私はMac使いで音楽ファイルはiTunesで購入したり管理しています。そして、携帯電話はAndroid端末を使用しています。

そんな状況なので、音楽ファイルを持ち出すのはちょっと面倒。USBケーブルでファイルを転送する方法でもいいのですが、iTunesとiPhoneのWiFi経由の同期等に比べると面倒な状態です。

いい方法はないものかと色々調べたところ、Google Play Musicを経由すると良さそうだということで、実行してみることにしました。

概略を簡単に書くと、

  1. iTuensのライブラリをGoogle Play Music(クラウド)に転送(同期)
  2. Androidでストリーミングorダウンロードして聞く

という形です。MacにGoogle Play Music Managerをインストールして常駐させておけば、iTunesに新しい音楽を入れた時も、自動でクラウドに同期してくれるそうです。

早速、Google Play Music Manageをダウンロードして、iTunesのライブラリをクラウドに同期してみました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-19-11-06-37

約3500曲を移動していますが、結構時間が掛かっています。ちなみにサポートされていない形式のファイルを同期することはできません。著作権保護(DRM)付きのファイルはダメでした。

そして、同期完了後にAndroid端末でPlay Musicアプリを立ち上げると、

14795249466960

おー、アルバムのアートワーク含め、ライブラリが同期されています。ここで目的の音楽を選んで聞くことができます。通信量が増えてしまいますがストリーミングでも音楽を聴くことができますし、通信量を抑えたければダウンロードして音楽を聴くこともできます。目指していたこと以上の内容が実現できてしまいました!

場所や端末を選ばずクラウドにアクセスして音楽を聴くということが、無料でも使えるのは素晴らしいと思います。やるなGoogle。

カテゴリー: ガジェット タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください