フラットサイドクランクの作成

昨日設計したフラットサイドクランクのVer.2を、3Dプリンタで打ち出してみました。フィラメントはFLASHFORGE純正のPLAです。

いまさらですが、リップが薄過ぎたような気もします。

ヒートン、シンカー、フック等を仮装着し、いつも通り風呂でテスト。いい感じの手応えでしたので、ヒートンとシンカーをエポキシ接着剤で固定。

エポキシ接着剤硬化後にUVレジンでアンダーコート。今回は試験的にダイソーのUVレジンを使ってみます。ハードタイプで5gで108円です。

チューブに入っているレジンですので刷毛で塗ります。太陽光やUVライトをあてなければ硬化しないので、気泡をよく確かめながら時間を掛けて丁寧に塗布。粘度も高めですので、塗布後はじっくり馴染ませてからUVライトを照射。

この作業を2回実施しました。しかしまあ、ダイソーのレジンは硬化後の匂いがちょっときついな。

がまかつのTREBLE BR/MH #8フックを装着しての重量は9.4gになりました。先日作成したディープクランクより大きいのに軽いのは、ルアー全体のフィル率が低いからでしょうか?

コート後に再度風呂で泳がしてみましたが、今回はコート前後で泳ぎに大きな差を感じませんでした。

これで、次回の釣行時にテストするルアーが2個になりました。テストなので色は塗らずに持っていきます。いい感じで泳いでくれることを期待しています。

カテゴリー: ガジェット, 釣り タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください