Anker PowerCore Slim 10000(モバイルバッテリー)を購入しました

今まで使用していたマクセルのモバイルバッテリー(MPC-C6700P)を娘に取られてしまい、しばらくモバイルバッテリー無しの生活を送っていました。

先日、ちょっとしたお出かけでモバイルバッテリーが有った方がいいなと思う場面があり、AnkerのPowerCore Slim 10000を新規に購入しました。

機種をこれにした理由ですが、今まで使っていたモバイルバッテリーより容量が大きい方が良いなということと、以前からAnkerってどうなんでしょ?という興味でAnkerの中から選定することに。そして、ごく普通に使えそうなPowerCore Silm 10000にしました。

本体サイズは約149 x 68 x 14mmで、iPhone7/8/SE2を若干縦長にした大きさでしょうか。重さは約206 gとなっています。エッジが丸く落とされていることと、表面加工の関係から持ちやすいと感じました。

出力はUSB-Aのみ。入力はmicro USB-BとUSB-Cの二種類。

 

4連LEDで残容量や充電状況が確認できます。

4連LED部分のボタン長押しorダブルタップで1つのLEDが緑点灯になり、低電流モードになります。Bluetoothイヤホン等を充電するにはこのモードを使用することを推奨しています。

モバイルバッテリーとしては非常にベーシックなものになるかと思います。なので良し悪しを決めるのは寿命とかになると思います。こればっかりは使ってみないとわからないので、様子をみたいと思います。

ちなみに、収納袋とUSB-A to micro USB-Bケーブルが付属していました。袋がついてくるのが意外でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください