ボートをレンタルする際に必要な初回講習に行ってきました

今日は6月で気温40度越えを初めて記録(群馬県伊勢崎市で40.2℃)したそうですね。そんな中、ボートをレンタルする際に必要な初回講習に行ってきました。

場所はいつものD-marinaさんです。実は先月末にD-marinaさんのレンタルボートクラブの入会手続きを済ませていたのですが、私の予定と初回講習の日程が合わなかったため、だいぶ受講が遅くなってしまいました。

いつもは釣り道具があるので車で行っているのですが、今日は荷物がないので公共交通機関で現地へ。なんか新鮮な感じです。D-marinaさんはJRまたは京急の東神奈川駅から徒歩で10分も掛からない程度の距離というアクセスの良さ。荷物がコンパクトにまとめられるなら、駐車場を探すストレスとか無いので電車で行くのも良いなと思いました。

まずは受付を済ませ講習室へ。講習を受ける人は私以外に2人いて計3人での受講です。

まずは、全体的な講習の流れの説明。テキストを用いた座学と実際に船に乗ってのレクチャーがあるとのこと。座学は海でのルールの再確認も含め、D-marinaさんのローカルルールや各種注意事項についての説明を受けました。

そしてボートに乗ってのレクチャーです。出港前の手続き(点検)等のやり方の後、船を解らんして離着岸のレッスン、出港時に使用した側のデットスローエリアの説明、信号所の説明、ベイブリッジ脇の危険箇所、帰港時に使用した側のデットスローエリアの説明等を受けました。

今日の横浜港は瑞穂埠頭の風車が元気よく回るくらいのやや強めの風が吹いて(6~8m/s位?)いました

D-marinaさんのメイン桟橋への左舷着岸練習(他の受講者さん)

天気が良過ぎてクソ暑かったです

講習は滞りなく進み11時過ぎには終了し解散となりました。

これでD-marinaさんでボートを借りることができるようになりましたので、事故なく安全に東京湾での釣りを楽しみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください