Google Pixel 5a (5G)用のケースを新しくしました

昨年の8月末にGoogle Pixel 5a (5G)と同時購入した純正ケースですが、購入からまだ1年経過していませんが、変形や構造の分離等が進み残念な状態になってきてしまいました。

そのため、新しくケースを購入しました。

CYRILLの「Palette Color Brick Stone」です。CYRILLはSPIGENの姉妹ブランド(サブブランド?)のようですね。

あまり気にしないで購入しましたが、メーカーのHPを見ると女性向けなんですかね?とりあえず純正ケースの選択が白系だったので、また白系がいいなと思ってこれを購入しました。しかし…実際は白というよりベージュっぽい感じでした。

純正ケースとの大きさの差はほとんどないです。厚みはほぼ一緒で高さと幅がほんの少し小さいかなという感じ。表面は好みが分かれる純正ケースと同じサラサラ系です。純正の新品よりサラサラは弱いかも。

早速装着してみます。

指紋認証のセンサー部とカメラ部。カメラの周りは色違いの縁取りがされていて、メーカー名が入っています。背面が純正ケースとは違いフラットになっていませんので、平なところにおくとカタカタします。
指紋認証部分は純正ケースに比べると穴が小さいですが、サグってあるので問題ありません。

本体下部のUSBポート周りです。スピーカーもど真ん中。全く問題ありません。

本体上部のマイクとイヤホンジャック部です。こちらも本体下部同様全く問題ないです。

電源ボタンと音量ボタン部です。押しやすいようにスリットが入っていますが、純正ケースに比べると押し心地はかなり硬いです。その点が少し残念。

画面側の縁の出っぱり量です。私はガラスフィルムを貼っていますが、それでもこのくらい縁は出っ張っています。

あまり馴染みのないブランドでしたので「どうかな?」と思いながら購入しましたが、かなりフィッティングが良くて満足しました。


■おまけ

純正ケースの残念な状態です。
中のグレーのケースと外の半透明のケースが分離しはじめてしまいました。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください