魚探用のバッテリーが寿命を迎えてしまったようです

魚探(GARMIN STRIKER Plus 4)用に使用していたバッテリーですが、週末予定している釣りに向けて充電しようとしたところ、どうやら寿命を迎えてしまったらしく充電できなくなってしまいました。

購入して2年ちょっとですが、魚探用としてだけではなく他の用途でも色々と使用していましたので十分でしょう。

そうなると、週末の釣りには間に合わないと思いますが、引き続き魚探を使うためには新しいバッテリーを用意しなければなりません。どうしてやろうかといろいろ悩んでおります。

まず重量。今まで使用していたバッテリーは約5kgあり重すぎです。もう少し軽くしたいです。バッテリーを軽くするということは同一種類のバッテリーであれば容量を減らす事になりますので、使用状況を踏まえた容量にしなければなりません。
GARMIN STRIKER Plus 4の消費電力は4.8Wという事なので、1日の釣行で12時間使用するとするなら、

4.8W * 12h = 57.6Wh

の容量が最低でも欲しいところです。今までのバッテリーは12V15Ahですので180Whの容量があり、かなり余裕のある感じです。前回購入時に何故15Ah(180Wh)を選んだのかは自分でも謎ですが。
ちなみに鉛バッテリーでよくある5Ah(60Wh)だとギリギリで、その上の7.2Ah(86.4Wh)はまあ余裕があるなという感じでしょうか。容量を減らしたとしても鉛バッテリーですので、重さは最低でも2kgはあるだろうと想像します。

もう一つの方法はUSB-C PD対応のモバイルバッテリーに12Vのトリガーケーブルを使う方法かなと。規格の関係だと思いますが、USB-C PDで12Vが出力できるモバイルバッテリーの選択肢は極端に少ないと思うので、受け側次第になりますが15Vのトリガーケーブルを使用する方が、モバイルバッテリーの選択肢がものすごく増える感じです。
ちなみに、20,000mAhのモバイルバッテリーだと

20,000mAh * 3.7V = 74,000mWh = 74Wh

となりますので、容量的にはまあなんとかなるんじゃないかなと。使用中の電流も問題ないでしょう。重量は500g以下になると思いますのでものすごく軽くなります。値段はだいぶ高くなってしまいますが、鉛バッテリーとは違い普段使いできますので、その点については相殺できるかなと考えています。防水については鉛バッテリーより色々考える必要があるかと。

ということで、圧倒的な軽さを目指してモバイルバッテリー運用にするとして、必要な部材を何にするか決めますかね。どれにしようかな〜♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください