Fusion360と3Dプリンタでルアーを作る練習&実験の合間に…

3Dプリンタを購入した真の目的は「ルアー作り」なのですが、脳内で思い描いている形状がFusion360上で上手く再現できなくてなかなか先に進まずです。今は「色々設計で試す→打ち出してみる→確認」という事をして、ルアー設計のためのスキルをトライ&エラーで身につけているという感じです。

機械的な物の設計であれば数値で決めて設計できるので、それほど難しくないと感じているのですが、曲面を多用するルアーはなかなか思うようにならず手こずってます。

そんな最中に息抜きがてらに描いてみたのが、

ポケモンのキャラクターのコイキング。本来なら丸みのあるキャラクターなので、スカルプトモードで作るべきなのでしょうが、スケッチのスプラインの練習のために描いてみました。お絵かきソフト的な感じですね。

ここで終了して本題のルアー設計をするつもりだったのですが…

気がついたらルアー形状になってたんですよね。こんな形じゃ経験上ルアーとして泳がないと薄々感じてはいたのですが…

気がついたらサポート材付きで打ち出していて…

サポート材とか外してて…

知らぬ間にヒートンとフックが付いていたので…

風呂でスイムテストしちゃいました(笑)

当初の予想通りまともに泳ぎませんでしたので、フックとか余計なヒートンは外して、ポケモン好きな息子にキーホルダーとしてあげようかと。あ、色塗ってトップコートしてからにしようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください