亀山湖バスフィッシング – 2018/11/23

今日は勤労感謝の日でしたので、自分の勤労に感謝(?)して、毎度の亀山湖バスフィッシングに行ってきました。今回もRK氏と一緒です。

現地到着時は結構寒く、車の外気温度計で6℃位だったと記憶しています。寒くなる事を想定して着込んできて正解。準備を済ませ出船。

今日は初っ端から深めが良いのではないかというRK氏の読みにより、クランクベイトで底を叩ける場所へ移動。先ずはRK氏が読み通り1本Get。流石です。

私の方は色々手間取りましたが、なんとか1本。32cm(8:57)

ルアーが底を叩いた瞬間にアタリが来たので、一瞬戸惑いましたがちゃんとキャッチできて良かったです。

しばらくして、もう一本来たのですが、これが色々大変でした。

ドラグがゆるくてやりとりに時間が掛かってしまい、足元で沈み根に巻かれてしまうアクシデントが。しばらくの間バスが付いている感覚はあったのですが、それも無くなってしまい、ルアーだけでも回収しようとルアー回収機等を使って四苦八苦しながら、なんとか根掛かりを外したところ、ルアーにまだバスが付いていたというサプライズが。(9:31)

大分体力を使わせてしまいましたが、バスもルアーから外せたしルアーも回収できたしラッキーでした。バスは元気に戻って行ったので大丈夫かな?

そして、昼前にボート屋の目の前で1バラシ。これ以降に魚信はなく下船時刻の16:00を迎え本日の釣りは終了。RK氏は計3本という結果でした。

午前と午後で水面下の状況がガラッと変わったらしく、午前で調子の良かった釣りを午後も引き続きやりましたが、まるで反応がありませんでした。バス釣りって難しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください