水感知式(自動膨張式)ライフジャケットのカートリッジ&ボンベを交換しました

2012年5月に購入したライフジャケット(高階救命器具株式会社 / BSJ-2310)の水を感知するセンサー部分のカートリッジの使用期限をだいぶ過ぎていたので、ボンベキットを購入して交換を行いました。

2018年4月に一度交換しており、今回二度目の交換になります。

交換用のキットは「A-KIT」というものでパッケージ化されています。ボンベ、センサー、ロックピンがセットになっています。

交換方法はとても丁寧にパッケージの裏に記載されています。

早速交換です。

交換期限はセンサー脇に印字されています。「REPLACE BY 10 2021 C」と記載されています。思いっきり期限が過ぎていますね。(汗)
期限を迎えても作動させなかった(落水しなかった)ので良しとしましょう!

パッケージ裏の交換方法に従い、新旧のボンベ、センサー、ロックピンを交換して作業は終了。

新しいセンサーの交換期限は「2025年11月」です。

浮き袋の気密チェックは先日実施していて問題はなかったのですが、外装の色褪せがすごいです。
なので、今回交換した新しいセンサーの交換期限を迎えるまでには、本体丸ごと新しいのに交換した方が良いのかなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください